債務整理とは?

債務整理という言葉をご存知でしょうか?あまりよく耳にしたことがない人も多いと思います。債務整理とは弁護士や司法書士に依頼し、貸金業者と交渉してもらうことによって借金の減額、利息の見直し、過払い金の返還などを行うことです。債務整理の手続きには過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つの方法があります。ここではこれら4つの方法について簡単に説明します。

過払い金請求とは貸金業者への返済の際に、利息によって貸金業者に払い過ぎたお金(これを過払い金と呼ぶ)を返還請求する方法です。場合によっては借金の減額やお金が戻ってくる可能性があります。任意整理とは貸金業者との交渉によって、借金の減額や利息の見直しなどを行う方法です。他の手続きと違い、裁判所が関わらないのが大きな特徴です。

民事再生(個人再生ともいう)とは、裁判所に借金の返済が困難であることを認めてもらうことによって、借金の減額を行ってもらう方法です。民事再生では自分の住宅や車を保持しながら借金の整理を行えます。自己破産とは、裁判所に借金の支払い義務の免除を認めてもらう方法です。民事再生と違うのは自分の住宅や車などを手放す必要があること、支払い義務が免除されることです。